徒然映画録『ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』 ~男の生きざま

徒然映画録『ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』 ~男の生きざま

昨日、細田守監督の『未来のミライ』が公開されましたね。
まだ私は観ていませんが、確実に観ます。

さて、それにちなんで、ではないのですが、
今回は私激推しの、作品について書いていこうと思います。
ぶっちゃけ映画の中では、私の揺るぎなきナンバーワンです。

それが、細田守監督の
『ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』です。

オマツリ男爵と秘密の島

ブログ移転前にも感想を書いたことがありますが、
そこからさらに気づいた部分もあったので、
もう一度感想を書いていきます。

導入のあらすじはこんな感じです。

「海賊王に俺はなる!」
そんな夢を掲げて海へ出た青年、麦わらのルフィ。
冒険の中で出会った仲間たちと共に航海をしているところ、
偶然にもメッセージボトルを拾いました。

そのメッセージボトルの中にはこんなメッセージの書かれた紙が。
「もし君が、海賊の中の海賊の中の海賊の中の海賊ならば、
 信頼する仲間をつれてこの島に来るがいい」
とても不穏な言葉が書かれていますが、
ルフィはどんな試練だろうが、仲間となら乗り越えられると言い切り、
その試練の待つ「オマツリ島」へ向かうことになるのでした。

……

さて、ワンピースの映画は今まで数多く公開されており、
最近では原作者の尾田栄一郎さんの手がけた作品が大ヒット、
人気コンテンツとしての不動の地位を確立しています。

ところが、この「オマツリ男爵」についていうと、
当時の興行成績は振るいませんでした。
というか、ワンピースというネームバリューから考えれば、
大コケと言われても仕方ありません。

というのは、この映画は漫画のワンピースと雰囲気が大きく異なるからです。
そして「このキャラは絶対こんな事言わない」とファンが感じることも
それなりにあるからです。

まず、ラストの戦いが怖いです。半分ホラーです。
敵は人間ではなく、なんとも形容できない太い物体です。
それがルフィの仲間たちを取り込んで養分として吸収しています。
その仲間たちの表情が苦悶に満ちていて、観ててつらいです。

次に、その仲間たちの描写に疑問を抱く場面もあります。
特に顕著だと感じたのがサンジ。
サンジは「腹を空かしているやつには食わせる」という信念を持つ男です。
空腹に苦しむ海賊でもお金を求めることなく食事を差し出すくらいに。

しかし、試練の中で仲違いしたゾロ(仲間の剣士)に対し、
サンジは食事を出すことを拒否し、他の仲間にそれを渡します。
いくら仲違いしたからといっても、
サンジがその信念を曲げるとは考えられません。
「お前はそんな男じゃなかっただろ!」と言いたくなります。

他にもちらほら「あれっ?」と感じる箇所があります。
そういうところがワンピースファンにとっては我慢できないのでしょう。
だからレビューで叩かれ、そして興行成績も振るわない。
私もファンの気持ちはわかるし、ヒットしなかったことも納得できます。
それでもね、この作品本当に好きなんですよ。
その理由は、ルフィという男の描き方。
そこにすべてが集約されます。

ルフィというやつは、主人公らしい主人公ですが、
同時にめちゃくちゃ困ったちゃんです。
くだらないことが大好きでおちゃらけてばっかり、
後先考えずに飛び出してまわりに迷惑をかけるし、
肉ばっか食ってるし、食費はやたらかかるし。

しかし、同時に船長としての器と覚悟の大きさを持ち合わせています。
仲間はどんなことがあっても必ず救うし、
そのために自分が強くなりたいと心から思う。
自分は仲間に助けてもらえないと生きられないという自信があるからです。
アーロンに真剣に叫ぶこのセリフは、ものすごい重みがあります。

仲間は大事だ。決して失いたくない。
そして、俺は海賊王になる。

これはルフィの生き方であり、確固たるものです。
彼は一人では決して海賊王になれないことを自覚していて、
だからこそ仲間を心の底から大事にする。
これほど仲間を大事にする男は、このワンピース世界ではいないのでは?

でも、ね。

考えてみてください。
もしも、ルフィが仲間をすべて失ったとしたら。
彼は海賊王になる夢をあきらめるのでしょうか?

この問いは、少なくとも今までの漫画の中では描かれていません。
そしてこれからも描かれることはないと思います。

けれど、ルフィという男の根源を突き詰めると、
この問いはものすごく重要だと思いませんか?
つまり、ルフィにとって本当の本当に大事なのは何かということです。

仲間なのか?
海賊王という夢なのか?

あなたはどちらだと思いますか?

……

そして、細田守監督はこの問いに対し、ひとつの答えを出しました。

「ルフィは海賊王になるという夢を決してあきらめず、
どんなことがあっても前に進める男だ」と。

たとえ他のキャラクターの描写がおかしくても、
ラストバトルが半分ホラーでも、いいんです。

ワンピースの絶対的主人公であるルフィに対し、
この究極の問いを突きつけ、自身でその答えを提示する。

これが、私がこの作品を本当に好きな理由です。
そして、細田守監督のこの答えは真を突いていると思います。

この映画を制作している同時期、漫画のワンピース本編では、
今まで彼らが乗ってきて愛していた船が壊れてしまっていました。
みんな、その船が好きでした。
楽しいときも危ないときも、その船と一緒に乗り越えてきた。
その船も彼らにとってはかけがえのない仲間でした。
しかし、もうどうあっても一緒に旅をすることはかなわない。

そして、ルフィは決断します。
自分たちは新しい船を手に入れて前に進む、と。
この決断をするのが、ルフィという男なんです。
仲間のために夢をあきらめるという選択をしない。

一方でその選択をしたのがオマツリ男爵です。
彼も海賊で大きな夢があったはずです。
けれど、不運に見舞われて彼以外の仲間はみんな死んでしまった。
彼も本当に仲間を大事にしていました。家族以上だったのでしょう。

「だから」彼は仲間を生き返らせる道を選んだ。
ラストに出てくる大きな謎の太い物体は、
その仲間たちを生き返らせる手段だったのですね。
でも、仲間を生き続けさせるために、
オマツリ男爵は島から離れられなくなりました。
彼は、自分の夢をあきらめたのです。

ルフィとオマツリ男爵。
どちらが幸せな生き方かということは断じられません。
それぞれに本当の本当に大事にしたいものがある。

けれど、ラストのオマツリ男爵と死んだはずの仲間たちの言葉は、
オマツリ男爵の中にある、本当に大事なものを垣間見せてくれます。
それはきっと「仲間」ではなく……。
だから、ここでぽろっと涙が出てしまいそうになります。

たぶん私はオマツリ男爵に自分を重ね合わせているのでしょう。
失ったものを振り返るばかりで前に進む勇気が出ない。
本当に大事なものはどこかで理解はしている。
でも、立ち止まったままでいる――。

そんな弱さが、オマツリ男爵を通じて自分のことのように思うのです。
そして、私はルフィを羨ましく思う。
自分の信念にまっすぐ、苦しくても前へ進める強さに。

そういうことを感じられるから、
やっぱりこの映画が私のオールタイム・ベストです。
評判が悪かろうが興行成績がコケようが、
好きなものは好きなんです。

細田守監督の最新作はもちろん観ます。
そうしたら、またこの映画を観ます。
本当に自分にとって大事なものは何か、それを振り返るために。

余談ですが、このブログ、週一更新が基本です。
でも、最近書きたいことがどんどん増えてきて、
徐々に週一ペースの投稿では追いつかなくなり始めています。
今回も土曜日ですが、もう書きたくてしかたないので投稿しました。

近いうちに週二ペースの投稿になっていくと思いますが、
読む方はご自分のペースでのんびりお楽しみください。

bantenmaru