創想話
 


 
「ねえ、メリー」

「なあに、蓮子」
「昨日フラれたわ」
「やけにあっさりと言うのね」
「昨日死ぬほど泣いたから、もう今日は泣かない」
「目が赤いのはそういうこと。まあ、すっきりしたならそれでいいじゃない」
「三ヶ月付き合ってたのかな」
「微妙な期間ね」
「なんとなく短いようで、長い時間だったわ」
「蓮子には充実した期間だったってことじゃない?」
「すごい優しい人だった」
「よく蓮子と付き合う気になったわね」
「最後は、君にはもうついていけないって、そう言われた」
「あなた、私のように恋人を振り回すのはよしなさいよ」
「……ぅ、ぇ……」
「ああ、もう、思い出して泣かないで……ほら、ハンカチ」
「……ぅ、ごめ、ん……」
「私こそ、ごめんなさいね」
「すん……メリーは、優しいね」
「だって、あなたの友人ですもの」
「友人、かあ……」
「ほら、ココア飲む?」
「うん……熱い」
「そうね」

「ねえ、メリー」

「なあに、蓮子」
「告白したらオッケーされた」
「ええと、大学に入ってから?」
「三人目」
「今度は三ヶ月以上続くといいわね」
「エネルギーある人だから、大丈夫よ」
「にこにこしてる顔を崩すのも無粋だから、とりあえずおめでとうと言っておくわ」
「ほら、メリーだって早く誰かと付き合っちゃいなよ」
「私はいいわよ」
「メリーと付き合いたいって思う男なんかいくらでもいるよ?」
「まあ、そう思う日が来たら行動するわ」
「つまんない、私もメリーの惚気話聞きたい」
「このココアの惚気話なら、いくらでも」
「それよりももっと甘々な話を聞きたいな」
「じゃあ、あなたが今指でいじってる角砂糖でも舐めたら?」
「なんか、今日のメリーは意地悪ね」
「そうね」

「ねえ、メリー」

「なあに、蓮子」
「またフラれたわ」
「また死ぬほど泣いたのね」
「目、赤い?」
「すごく」
「そう……三ヶ月と一日。記録、更新したばっかりだったのに」
「ほら、ココアちょっと飲んでいいわよ」
「うん、いただきます」
「……熱い?」
「体に染み渡る。メリーの優しさと同じ味がする」
「私は大昔の風邪薬じゃないんだけど、元気が出たなら嬉しいわ」
「今、なんとなく思ったんだけど」
「うん」
「もし、私が男だったら、メリーは私と付き合う?」
「付き合わないわよ」
「……ぅ……」
「ああ、ごめんなさい、そういう意味じゃなくて……ほら、ハンカチ」
「……うう」
「私が魅力を感じるのは、やっぱり女の子の蓮子。だから、蓮子には女の子のままでいてほしいの」
「……ほんとう?」
「涙目で言われたら、肯定するしかないわ」
「じゃあ、メリーが男だったら私と付き合う?」
「蓮子は男の私と付き合いたい?」
「……」
「そういうことなの。私の気持ち、わかってくれた?」
「なんだか、今日のメリー、ちょっと大人」
「そうね」

「ねえ、メリー」

「なあに」
「今の彼氏とはうまくいってるの?」
「うまくも何も、至って平穏よ」
「惚気話とかないの?」
「あなた、私の惚気話を聞きたいの?」
「聞きたい気もする、聞きたくない気もする」
「私が話すまではわからない、と」
「シュレーディンガーの猫状態」
「ちょっと違う気もするけど」
「やっぱりいいや、メリーの惚気を聞いたら嫉妬する気がしてきた」
「またあなたも好きになる人を見つけられるわよ」
「どうだかね」
「ところで、今日あなたに会ってからずっと気になってたことがあるんだけど」
「なに?」
「ええと、あなた蓮太くん?」
「髪を短く切っただけよ!」
「あ、男になったのかと思ったわ」
「その境界を超えようとは、さすがの私も思わないわよ」
「そうね」

「ねえ、メリー」

「なあに、蓮子」
「そっちのあたしは元気?」
「きっと今のあなたと同じくらいには元気よ」
「そうかあ、どこのあたしも、あたしなのね」
「でも、こっちの蓮子は『あたし』じゃなくて『私』って言うのよ」
「あ、そうなんだ」
「コーヒーに砂糖入れるし」
「ブラックが好きじゃないの? あたしの哲学が台無しね」
「私はココアが好きだから、きっとこっちの蓮子と気が合うのね」
「こっちのメリーは紅茶が好きだからね。でも、髪はもっと子どもっぽくまとめてる」
「さて、あなたにひとつ聞きたいんだけど」
「元の世界位相に戻る方法?」
「難しいことは蓮子の得意分野でしょ?」
「あたしもパラレル・ワールドを取り扱うのは初めてだから、ちょっと難しいわ」
「でも、何とかしてほしいの。こちら側の私と、私の蓮子、今頃泣いてるわ」
「えー、そっち側のあたしは泣き虫なのかあ……それは困ったなあ」
「そっち側の私も泣き虫なの?」
「当然。だって、あなただもの」
「あなたの前で泣くなんて、心外ね」
「泣き虫なメリーは可愛いよ?」
「そうね、とは言えないわ」

「ねえ、メリー」

「なあに、蓮子」
「明日卒業式なんだけど、何か欲しいものある?」
「唐突すぎるプレゼントの提案ね」
「今を大事にしないと、いつか何かあったら困るの」
「大丈夫よ」
「大丈夫じゃない、だって去年みたいなことがあったら、私――」
「ケーキ」
「……へ?」
「今、ここでケーキが食べたいわ」
「え、ええ?」
「今を大事にする。だったら、今しかないものにしたいの」
「ケーキは食べちゃえば終わりだから?」
「そう。合成で食品が作れる時代になっても、そのときの味はそのときにしかないもの」
「深いお言葉。じゃあ、ちょっとケーキ買ってくる。ショートケーキでしょ?」
「……ねえ、蓮子」
「なに?」
「……いえ、なんでもないわ」
「? ちょっと今日のメリー、おかしいね」
「そうね」

「ねえ、メリー」

「なあに、蓮子」
「私、結婚したの」
「そう、おめでとう」
「やけにあっさり言うのね。まあ、ありがとう」
「別に目は赤くないわよ」
「誰も聞いてないわよ」
「電話越しだから、わからないでしょ?」
「わからないわね。でも、メリーの瞳は青の方がいいな」
「そう言ってくれると、嬉しい」
「……あれ、何を言おうと思ってたんだっけ」
「結婚の報告だけでいいと思うんだけど」
「うーん、何かあった気がするんだけど。まあ、いいや、思い出したらまた電話する」
「ごめんなさい、蓮子。ちょっとお鍋が沸騰してきて危ないから切るわね」
「え、うん……今、夕食時だっけ?」
「時間くらい、あなたの目で見たらどうなの」
「そうか、すっかり忘れてたわ」
「じゃあね」

「ねえ、メリー」

「なあに、蓮子」
「今日、メリーの家に行っていい?」
「あら、今日、ちょうど夫が仕事で帰らない日なのよ」
「……ごめんね」
「どうしたの?」
「前話したけど、別居してから三ヶ月と二日。なんだか人恋しくなって」
「記録更新」
「……?」
「あ、いや、こっちのことよ、気にしないで」
「メリーの家に行くの、何年ぶりかな」
「お互い結婚しちゃうと、なかなか会えなくなるものね」
「大学でメリーと秘封倶楽部をやってた時代が、すごく眩しいものに見えるわ」
「私もよ」
「……あ、思い出した」
「何を?」
「さっき、メリーが言ってた『記録更新』。恋の話だったよね」
「そうね」
「でも、あれは付き合ってた時間だから、別居してる時間じゃな、くて……ぅ」
「あああ、ごめんなさい。余計なことを思い出させちゃって……」
「ぐすん……熱いココア、入れて……」
「ごめんね、蓮子……今すぐ迎えに――」
「北緯35度、東経135度42分」
「どこ、そこ?」
「今、あなたの家の前なの……」
「……真っ赤な目で待ってなさい」
「ちょっと怒らせた?」
「そうね」

「ねえ、メリー」

「なあに、蓮子」
「先立たれた悲しみって、消えないものなのね」
「愛が強いほど、深い傷になるものだしね」
「あなたの旦那を大事にしてね」
「ええ、それはもう限りなく」
「はあ……齢六十を過ぎても、私って変わらないのね」
「だいぶ変わったわよ、あなたの髪が白くなったこと」
「メリーだってだいぶ白くなってる」
「金が銀に変わったと思えば、そんなにつらいこともないわ」
「そう。メリーは強いね……私、ひとりになったらめそめそ泣いてばっかりだよ」
「今は、私がいるわ」
「熱いココアと一緒に」
「あなたも、微糖のコーヒーと一緒」
「この頃はブラックに挑戦する気力もないなあ、もう歳だわ」
「いつもいつも子どもっぽいのは蓮子だったのに」
「向こうの私みたいになっちゃった?」
「あっちは理知的なお姉さん。おばあちゃんじゃなかったわ」
「どっちがいい?」
「今の蓮子」
「こっち側、ということじゃなくて?」
「今、私の目の前に座っている、あなたが好きよ」
「私も、メリーが好きだよ。今、私の前に座っているあなた」
「両想いね」
「変な気分ね」
「そうね」

「ねえ、メリー」

「私、ひとりになっちゃったね」

「てっきり私の方が先に死ぬのかなあ、って思ってたけど」

「いいの。孤独はちょっと慣れちゃったから」

「また目、赤くなってる? おかしいわね、泣いてるつもりなんてないのに」

「でも、泣いてるのは統一力学の法則と同じくらいに、しかたないことだから」

「意地、じゃない。あなたとの思い出ばかりに浸ってるのは、本当だから」

「やっぱり、全然私変わってない。思い出に泣いてばっかり」

「でも、今は誰もココアを渡してくれない。ハンカチも」

「結局、こうするしかないのよね」

「ああ、そうだ……私がたったひとりだけ、世界で愛し続けた人を知ってる?」

「それはね、あなたよ、メリー」

「ずうっと、ずうっと、好きだった。あなたに愛されるんだったら、これ以上幸せなことはない。今までもそう思ってたし、今もそう思う」

「……また、フラれるんだろうね」

「いいのよ、時々疼くのを感じても、それでも前を向いて……生きるわ」

「それだけだよ、聞いてくれてありがとう、メリー。私、少しは泣き虫治そうと思う」

「じゃあね、メリー」

 
 
 


 
傷を抱えて、生きてゆけ。
 

初出:2012年1月17日

 


 

■裏話

あまり語り過ぎないように、ここでサラっと裏話。

二人の会話を淡々と積み上げて、ひとつのお話にしたい。
そんな単純な動機から、一時間半くらいで書き上げたと思います。
一番最後のシーンは、ここまでやるか悩みましたが、タイトルに引っ張られて書きました。

すごく面白かったのが、コメントの34様でした。

「ココアとコーヒーを用意して一人で話をしてる風景が浮かんできて」

という言葉に、思わず唸ってしまいました。
そうか、そういう解釈もありえるんだ、そっちの方がいいかもしれないなあ!
色々想像の余地があるのって、すごく素敵なことなのかもしれませんね。