創想話
 


 
 しとしと。雨が降っています。
 お昼を過ぎました。空は雲でいっぱいです。

 小傘はからかさお化けです。
 長い舌をだらんと垂らしている傘を持って、人間を驚かすのが小傘の楽しみでした。

 今日も小傘は誰かを驚かそうと思い、傘をさして空をふわふわ。人間を探していました。
 けれど、今日は冷たい雨が降っているせいか、人間はなかなか見つかりません。

 つまらないの。

 小傘はそう思って、人間を探すのをあきらめようと思いました。
 そのとき、小傘は大きな大きな木の下に、小さな女の子が立っているのを見つけました。
 五歳くらいの女の子。

 やっと人間を見つけた。

 小傘は女の子を見つけてわくわくしました。
 見つからないように、そおっと。小傘は女の子に後ろから近づいて行くのです。

 すぐ後ろで大声を出せば、驚くかな。

 小傘は女の子の後ろに立って、大きく、肺いっぱいに息を吸い込みました。
 そして、とびっきりの大声で女の子に叫びました。

「うらめしやあ」

 けれど、女の子はうつむいていて、小傘に気づかなかったようです。
 おかしいな、と小傘は思いました。もう一度大きな声で、女の子に言いました。

「うらめしやあ」

 その声が聞こえたのか、女の子はやっと顔を上げました。小傘は気づいてもらえたのが嬉しくなりました。
 そして、女の子はどんな風に驚いているのかな、と女の子の顔を後ろから覗き込んでみました。
 でも、驚いたのは女の子ではなくて、小傘の方でした。

 小傘が驚いたのは、女の子が悲しそうに泣いていたからです。
 小傘は何が何だかわからなくなりました。小傘は女の子に尋ねました。

「どうしてあなたは泣いているの?」

 女の子は泣きやんで、震える声で答えました。

「わたし、家出をしたの」

 小傘はまた驚いて、尋ねました。

「どうしてあなたは家出をしたの?」

 女の子は答えました。

「おかあさんとけんかしたの。わたしが悪いことしたから、怒られたの」

 そう言って女の子はまた泣きはじめました。
 小傘は困ってしまいました。女の子を驚かそうと思ったのに、これではどうしようもありません。
 作戦、失敗です。

 よく見てみると、女の子の身体はびしょぬれでした。きっと冷たい雨の中を走ってきたのでしょう。
 それから、女の子は裸足でした。きっと靴も履かずに家を飛び出してきたのでしょう。
 今も水の雫が、木の上からぽつぽつ。女の子に降っています。女の子はぶるぶると震えていました。

 小傘は妖怪でしたが、なんだか女の子がかわいそうになりました。
 小傘は女の子に言いました。

「雨に濡れると、風邪を引いちゃうよ」

 小傘は女の子の隣に立ちました。小傘が持つ傘は女の子の上にあります。
 こうすれば、女の子は冷たい雨に濡れません。とてもいい考えだ、と小傘は思いました。

 でも、女の子は泣きやみません。小傘は困ってしまいました。
 女の子のために傘に入れてあげたのに、これでもだめです。
 作戦、失敗です。

 小傘は思いました。

 体は濡れていないけれど、きっと胸の中で雨が降っているんだ。

 でも、どうすればいいのか、小傘はわかりませんでした。

 しとしと。雨が降っています。
 だんだん空が暗くなってきました。もうすぐ夕方です。

 女の子はようやく泣きやみました。小傘は少しほっとしました。
 それから、小傘は女の子に言いました。

「おうちに帰ろうよ。きっと、おかあさんが心配しているよ」

 女の子は少しうつむいて、何も答えません。小傘は少し困って、女の子に尋ねました。

「おうちに帰りたくないの?」

 女の子はまた何も言いません。小傘はまたまた困ってしまいました。

 本当に家に帰りたくないのかな。

 小傘がそう思ったとき、女の子が顔を上げました。そして、こう言いました。

「おねえちゃんは誰?」

 小傘は正直に答えることにしました。

「私はからかさお化けだよ」

 それから小傘はぐるぐる。傘を回しました。

「ほら、傘と下駄があるでしょう」

 長い舌がぐるぐると回っています。女の子は不思議そうな顔をしました。そして、言いました。

「おばけなのに、人間を食べないの?」

 小傘は言いました。

「私は人間を食べないお化けなの」

 女の子は小傘の顔を見ました。

「目の色が右と左で違うよ。どうして?」

 小傘もわかりませんでした。なので、正直に答えました。

「わからないよ。生まれたときからこうなの」

 女の子は木に寄りかかりました。そして、言いました。

「わたしとこうして話しているなんて、あなたはきっと変なおばけさんね」

 小傘は少し悲しくなりました。
「変なおばけさん」と言われるのは嬉しくありません。本当はもっと人間に驚いてほしいのです。
 小傘はからんころん。地面を下駄で蹴りました。

 しとしと。雨が降っています。
 だんだんまわりが暗くなってきました。
 女の子がまた震えています。きっと、夜になって寒くなってきたのでしょう。
 それに、裸足なので、きっと地面が冷たいに違いありません。

「おねえちゃん」

 女の子は小傘を呼びました。

「足が痛いの」

 小傘は女の子をじっと見つめました。どうすればいいのか、よく考えました。
 そして、とてもいい作戦を思いつきました。

 そうだ、こうすれば女の子は喜ぶかな。

 小傘は女の子に背を向けて、しゃがみました。女の子はちょっと驚いたようです。
 小傘は言いました。

「おんぶしてあげる」

 女の子はしばらく小傘の背中を見つめていました。それから、女の子は小傘の背中に乗りました。
 よいしょ。小傘は傘を肩にかけて立ちました。両手は女の子の脚を持っています。
 小傘はとても力持ちなので、女の子をずっとおんぶしても平気です。
 女の子の身体はとても冷たくなっていました。小傘の背中も冷たくなりました。

 しばらくして、女の子がすうすう。小傘の背中で小さな寝息を立てはじめました。
 家出をして、ずっと泣いていたから疲れてしまったのでしょう。

 この子のおかあさんは探しに来るかな。

 小傘は思いました。

 来てほしいな。

 すると、小傘はこんなことを考えている自分を不思議に思いました。

 どうして私はこの子をおんぶしているんだろう。
 お化けは人間を驚かすのが楽しいのに。

 しとしと。雨が降っています。
 夜になって、何も見えなくなってしまいました。
 雨が静かに降る音と、闇が小傘と女の子を包みました。

 だんだん女の子の身体がぽかぽか。あったかくなってきました。
 小傘の背中に乗っていて、あったかくなったのでしょう。
 女の子のあたたかさが小傘にもわかりました。

 小傘と女の子は、仲のいい姉妹のようです。
 大きな木の下で、傘の下で、おかあさんを待っています。

 おかあさん。

 小傘はそんな声を聞きました。小傘の背中で、女の子が小さく小さく言いました。

「おかあさん」

 それから、女の子はまた静かに寝息を立てました。どうやら、寝言だったみたいです。

 おかあさん、迎えに来るといいね。

 小傘は胸の中で言いました。
 そのとき、小傘は自分と女の子がひとつになるような気がしました。
 どうしてでしょう、小傘にはわかりません。
 でも、小傘は少しだけ嬉しくて、ちょっぴり寂しくなりました。

 風の通り道に、きらきら。光が見えます。小傘にもそれが見えました。
 光はだんだん大きくなっていきます。誰かの声も聞こえます。

「いつきちゃん、いつきちゃん」

 きっとこの子のおかあさんだ。

 小傘はそう思いました。

 おかあさんが迎えに来たんだ。

 小傘は女の子をおんぶして、声の方に歩いていきました。

 おとなの女の人間が傘と提灯を持っていました。そして、女の人は草履をはいていました。
 女の人は小傘に気づくと、少し驚いた顔をしました。
 でも、すぐに、女の子がおんぶされているのに気づいたみたいです。
 小傘のすぐ前に歩いてきました。そして、小傘に言いました。

「私の子をおんぶしてくれたの?」

 小傘は黙ってうなずきました。女の子はまだ眠っているようです。
 女の人はほっと安心したようです。頭を下げようとして、女の人は言いました。

「そう、それは」

 でも、そこまで言って女の人は黙りました。じっ。小傘の顔を見つめています。
 小傘の目の色がおかしいと思ったに違いありません。
 女の人は変な声で小傘に尋ねました。

「あなたは妖怪?」

 小傘は黙ってうなずきました。

 ぎしぎし。変な顔をして、女の人は小傘に言いました。

「そうですか」

 そして、その変な顔のまま、女の人は言いました。

「私がその子を連れて帰ります」

 小傘は女の人に背中を向けて、傘をおろしました。小傘と女の子に雨が降りました。
 女の人は女の子を受けとって、抱っこしました。女の子は傘の下にまた入りました。
 小傘の背中が急に切なくなりました。でも、女の人はそんなことには気づきません。

 小傘は振り返って女の子を見ました。女の人に抱っこされていて、女の子の背中しか見えません。
 女の人は傘と提灯と女の子を、窮屈そうに抱いていました。
 小傘はちょっと心配になって、女の人に尋ねました。

「私もついていく?」

 女の人は首をふるふる。横に振って、言いました。

「いえ、けっこうです」

 女の人は女の子を抱っこしたまま、小傘に背を向けて歩きはじめました。
 すると、女の子の顔が小傘に見えました。
 女の子は眠っていました。寝顔はとっても安らかでした。

 私はあの子をおんぶしていたんだ。

 小傘はそう思いました。
 そのとき、小傘に降る冷たい雨は、優しい雨になりました。

 女の人は女の子を抱っこしたまま、どこか遠くに行ってしまいました。提灯の光も、見えなくなりました。
 小傘はひとりになりました。でも、なぜだか寂しくはありません。
 小傘は傘を拾って、からんころん。下駄を鳴らしました。

 小傘は胸の中で女の子に言いました。

 今度、私が驚かすときは、笑っていてほしいな。
 あなたが笑っていてくれるから、私もあなたを驚かしてやろうって思うの。

 からんころん。下駄が鳴っています。

 しとしと。優しい雨が降っています。

 
 
 


 
雨が降るから傘をさす。それだけです。
ほら、こうして妖怪と人間がひとつになれることって、あまりないでしょう?
 

初出:2009年7月30日

 


 

■裏話

 まず、あとがきの追記に書いてあることから書いていきたいと思います。
 結論から言ってしまうと追記は宮崎駿の作品『となりのトトロ』のワンシーンです。そしてこれを追記に書いたということは当然、本編も私が『となりのトトロ』を意識して書いたということになります。

 これを書いた時期は7月の終わり。大学の試験が終わって友達と遊びに行こうとなったのですが、私がかなり早く待ち合わせ時間に着いてしまい、カフェで時間をつぶしていました。魔女の手のひらを投稿した直後で新作のアイディアは何もありませんでした。
 ただぼんやりと椅子に座ってカフェの窓の外を見ていました。たしか台風のような天気だったと思います。自分の向かいの椅子には傘をかけていて、それがひたひたと濡れている。外では傘にしがみつく人がいる。

 そこで突然小傘が出てきたわけではなくて、なぜか雨が降る中濡れた地面を駆ける裸足の女の子という映像が私の頭に浮かんできました。そしてその女の子はきっと家出をしたんだろう。そう考えただけなんです。
 それから少しずつストーリーを考えていきました。その女の子は家に帰らなくてはいけない。そのときに初めて、雨が降るから小傘を出そうと思いついた。
 この短い話にはこういうたいしたこともない経緯がありました。それからはあまり構成を深く考えず、流れのままにストーリーをまとめていきました。

 ただ多々良小傘という存在についてはかなり考える必要がありました。彼女が妖怪になる経緯は他の妖怪とはまったく違うからです。というのも彼女は最初は傘だった。

 私は自分の傘を見つめながら考えました。傘は雨から人間を守ってくれるもので、いわば人間と近い存在。それが忘れられただけで妖怪になるものなんだろうか? 妖怪になって突然人間を驚かすだけの存在になるものなんだろうか?
 いいや、それは違う、というのが私の結論でした。何かに対する想いを忘れてしまったら、それは一万年経とうがものが妖怪になることはないと思うのです。これは他の話でもちょくちょく出てくる考えですが。
 つまり小傘はある想いをずっと抱えていたからこそ、妖怪になることができた。こう考える方が私にとってはずっと自然でした。そして小傘の想いは彼女のアイデンティティでもあると思うのです。

 小傘が傘として存在していた時代、傘というのは非常に貴重な存在でした。でも今はどうでしょう。ビニール傘があふれ、傘を忘れても500円で買えてしまう時代です。人間の想いが傘に入り込まなければ、傘にも想いはきっと宿らないのではないでしょうか。

 そう、だから小傘がずっと抱えていた想いというのは「人間のために傘をさす」ということです。それが小傘がそこに存在できる理由でした。他の人間が小傘のことを忘れようと、小傘がそこに存在するかぎりその想いはなくならないと思うのです。
 だから小傘は家出少女のために傘をさす。「どうして妖怪なのにそうするんだろう?」と小傘も不思議に思いますが、彼女が妖怪になったのもそもそもがそういう想いを持っていたからです。

 これで小傘のことはだいぶ決まったのですが、そこで少女の役割をまた考えなくてはいけませんでした。彼女が小傘に影響を受け、どうして心を変化させて家に戻るのだろう、と。
 どうして小傘が少女に傘をさすだけで少女が戻ることになるんだろう、と。いや待て、森の中で妖怪が少女と並んで傘をさすという状況はどこかで見たことがある。

 そこで初めて『となりのトトロ」が登場してきます。皆さんもご存知かと思いますが、さつきが寝てしまったメイをおんぶしているとき、となりにトトロが立っている。このシーンを思い浮かべたのです。
 トトロは妖怪ではなく神ですが、非人間という意味では小傘と同じです。しかし非人間でありながらも人間の隣に存在できる――とは私は思いませんでした。私は別の解釈をします。
 トトロが人間に見えるのはトトロがきまぐれで姿を見せるのではなくて、人間が非人間に近づくから見えるのだろう。これはさつきの父親も言っていましたね。

 そんな解釈をすでに持っていたので、そこで少女の変化がピンときたわけです。
 家出をした時点では彼女は人間世界から離れて非人間に近い存在だった。だから小傘が隣に立てるし、小傘のことを何とも思わずに受け入れられる。けれど小傘が傘をさしてしまえば、彼女は人間として存在しはじめることになる。だから彼女は徐々に人間に戻り、そして人間生活に戻るのだろう。

 そこで初めてテーマができあがります。「妖怪と人間が寄り添う奇跡」。テーマが最後というのは私には大変珍しいことなのですが、とにかくそういうことになりました。そしてこれが「いただきます」と対立するテーマになるというわけです。

 もちろん表向きにはこんなわけのわからないことは書きませんでした。とりあえず小傘の優しさが表に出ればいいかな、というのが第一目標でしたので雰囲気とストーリーが優先されました。ですが深く読もうと思えばそうできるようにもしてあります。

少女が裸足なのに対し、お母さんは草履をはいています。実は裸足が先に決まっていたので、状況をあとから付け加えたのです。裸足は非人間的なものとしてとらえていました。いかにも少女が裸足でいたのが自然に見えますが、こんなカラクリもあります。
 そもそも小傘に対する態度が少女とお母さんでは対照的です。より人間社会に溶け込んでいるお母さんは妖怪と対立しますが、少女はまだ非人間と人間の境目あたりにいたのですんなりと受け入れました。
 余談ですが、少女が成長したらやはりお母さんと同じように小傘に対して警戒心を持つと思います。哀しいですが、テーマに沿うならばそうなるはずです。

 それから、小傘のオッドアイも「妖怪として人間を驚かす」という自分と「人間に傘をさして寄り添う」という自分の矛盾として書いています。

 もちろん、こんなことを考えずに読んでいただくのが普通だと思います。こういうことをあまり押しつけがましく書くと面白みがないでしょうし。だからこうしてあまり目に触れないようなところで書いているわけです。

 これ以降の私のお話にはこうした象徴的なものがちょこちょこ入りはじめました。そのためにストーリーがおろそかになったりして、まだまだ振り回されている状態ですが、こういうお楽しみ要素も入れていけたらいいなと思っています。