2022年の抱負 「空白」を大事に

新年とっくに明けました。おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
去年はこのブログに全然投稿していませんでしたが、今年の抱負を久しぶりに書いてみましょうかね。

そのいち 作品を2つ出す

いきなり高い目標になってしまいましたが、話のタネくらいはあるのでやっていきたいですね。

ひとつは以前からずっと取り組んでいるオリジナルのお話です。これが直近で頑張らなければいけないところですね。一度書き上げたはいいものの、第一稿でやらかしているので、構造の練り直しをしている最中です。雰囲気とか人物が個人的には好きなので、軸がしっかり座れば読み応えのある話になるかな、と思っています。

もうひとつ、二次創作をやってみたいなーと思っています。と言っても、東方だったりシャニマスの二次創作ではなく。きちんと完成させてとある許諾を取った段階で公表したいです。できればイベントなどで本の形にして出したいとも思っています。これも結構気合が必要ですが、オリジナルの方がきちんと落ち着いてからです。

そのに 空白を大事に

これは目標というより抱負。昨年の反省を踏まえてですね。

個人的にあんまり社会情勢を語るのは好きじゃないんですが、でも昨今コンテンツ過多の波がずっと続いている状況で、私もそれに呑まれてしまっていました。具体的にはAmazon PrimeとかYoutubeとか。とにかく映像で目も耳も支配され続けている感覚でした。

それがゆえに「空白」の時間が明らかに減りました。ここでいう「空白」は、何もせずぼうっとしている時間です。くまのプーさんで言えば「何もしないをする」時間でしょうか。

他の人がどう思うかはともかく、私は結構この時間が好きなんですよね。それこそ小説のことだったり仕事のことだったりプライベートのことだったり、ぼんやり妄想しているような感じ。そこからアイディアが生まれることもあれば、別に何も起きないこともあります。「有意義」とは言えませんが、妙な充実感が得られるんですよね。

でも、コンテンツ過多で時間が支配されてしまうと、そういう妄想をすることもなく、やたらせわしなくしているだけで充実感が薄れてしまったのです。だから、今年はその逆。少し吸収を抑えて、のんびりぼんやりする時間を意図的に作り出そうと考えています。

そんな感じで、一発目から取り留めもない記事でしたが、今年もよろしくお願いいたします。