DELTARUNEヘッダー

徒然ゲーム録『DELTARUNE Chapter2』

物語はもちろん未完なのでこの時点で良い悪いの評価はできませんが、次への期待が大きくなるエンディングだと思いました。

闇の泉がどうしてライトナーたちから生まれるのか? 「咆哮」とは何なのか? どうしてクリスは自身からタマシイを取り出し、あのような行為に至ったのか? そして、なぜ自身にタマシイを戻したのか? ラルセイは何者なのか?

とにかく多くの謎を生み出してChapter 2が終了した、というのが現在までの状況です。

ゲームとしてはかなり面白くなったと思います。ゲームシステムを見て思ったのですが、これはちょうどドラゴンクエスト1と2の進化の過程をたどったような感じではないでしょうか?

前作『Undertale』は一人のみの戦闘でしたが。今回は三人の戦闘が基本になりますよね。これはまさにドラゴンクエスト1と2の進化と同じです。ただ、このゲームは「敵を見逃す」ことが主眼でありながら、Chapter 1の時点では主人公しかそれにつながる行動ができませんでした。今回は、スージィとラルセイもそれぞれ見逃すための行動をしてくれるので、かなり戦いやすくなりました。そのため、複数パーティでの戦略性が重要となり、戦闘はぐっと楽しくなったと思います。

また、今回はノエルが一時的に仲間に加わり、これも結構な驚きでした。そして、彼女の装備を見て「王家の」という文言にさらに驚き。Chapter 2のキーパーソンであるのは言わずもがなですが、これから先どうやって彼女が物語に関わるのでしょうか……謎ですね。

最後に、このゲームの雰囲気について。前作『Undertale』の頃から、ドット絵や台詞回しの独特さはありましたが、今作はそれがよりブラッシュアップされています。特に主人公が調べるものに対し、主人公がとった行動が細かく描写され、パーソナリティがそこそこ見えるんですよね。

「本を調べてみた。ページを舐めてみた。これがいわゆる、フレーバーテキストだろうか」

だから、なおさら各Chapterの終わりの彼?の行動がわからないんですよね。あれはなんなんでしょうね?

という感じで、ゲーム全体の半分も終わっていない状況ですが、結構濃密なゲーム体験でした。これ、本当にいつ完成するんだろうか……? しかし、とても楽しみにしています。